不動産テック

よくわかる!「不動産テック(ReTech:Real Estate Tech)とは何か?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産テック(Real Estate Tech)とは?

最近、雑誌やテレビなどのメディアでも目にする機会が増えてきた不動産テック(Real Estate Tech・リアルエステートテック・ReTech・HomeTech)という言葉。 簡単にざっくり説明すると、

ITの力によって、不動産関連サービスの分野で新しい仕組みを生み出したり、従来の商慣習を変えようという取り組み。

そのサービスは、

  • 不動産の検索や仲介
  • 賃貸管理
  • 物件管理
  • エージェントマッチング
  • ビッグデータの提供・評価・分析
  • IoT
  • マーケティング
  • ヴァーチャル内覧
  • 投資

など多岐にわたります。

なぜ、今、注目されてるの?

不動産業界は世界的にみても他の産業と比べてデジタル化がかなり遅れておりました。 しかし、スマートフォンの普及によりインターネットに常時接続できる環境が整ったことなどで、今後は不動産の分野でも先進的なテクノロジービッグデータ解析、人工知能、IoTなど)を活用したさまざまなイノベーションが生まれ、消費者にとって利便性や汎用性が高く、且つ、コスト競争力もあるような付加価値の高い革新的なサービスの出現が期待されはじめています。 Real Estate Tech企業に対する投資は海外でも過熱しており、金融業界におけるFin Techの動きに続き、不動産業界のReal Estate Techの動きはグローバルなトレンドになりつつあるんです。  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る