不動産を活用したい方へ

急激に増えつづける空き家などの遊休不動産

少子高齢化にともなう人口減少で空き家など遊休不動産(使用されてない不動産)は増加の一途をたどり大きな社会問題となってきています。

当社にも不動産オーナー様から日々さまざまなケースのご相談がよせられます。

「実家を相続したが自分の家はすでに持っている」
「親が老人ホームに入居し、今は誰も住んでいない」
「住み替えにより住んでた家が空き家になっている」
「使わなくなってしまった別荘がある」
「老朽化したマンション・アパートがある」
「営業をやめたホテル・旅館が売れないまま放置している」
「田舎に何も使えてない土地や畑がある」, etc.
将来的には空き家の割合は2040年に3件に1件(30%)を超えるとも言われています。
空き家対策措置法の施行により管理されていない空き家を持っている人は従来の数倍の税負担を背負わされてしまう可能性もでてきます。
 
また人口の減少により基本的には日本の経済が大きくなったり消費が増えていくことも考えづらいので、ホテル・旅館・店舗など事業用の不動産の遊休化も今後ますます深刻な状況になっていきます。

早く何とかしないと、分かってるけどなかなか踏み出せない・・・

不動産活用のことを考えはじめるとまた新たな悩みを抱えてしまいます。
 

「不動産屋に買い手や借り手が見つからないと言われてしまった」
「思い出のつまった実家を売ったり建て壊したりしたくない」
「遠方に住んでいて管理ができない」
「遺品整理が終わらない」
「どう活用していいか、どう活用できるかが分からない」
「活用したいが建て壊しやリノベーションの費用がかけられない」, etc.
このような状況の中で不動産オーナー様が不動産の活用を安心して相談できる窓口も利用できるサービスもほとんど存在しないのが現状です。

オーナー様の立場にたった「不動産の活用」サービス

当社は不動産会社ではないので、売却や賃貸や業者を仲介することで手数料をいただくことはありません。

あくまでも不動産オーナー様の立場に立ってまずはご相談ご要望をよくお聞きし、現地調査やヒアリングや検討を重ねたうえで、当社がオーナー様の理想とする不動産の有効活用のお力になれる場合にのみご提案やサポートをしています。
 
当社も実際に空き家など遊休化した不動産を買い取り所有して活用しているので、不動産オーナー様が不動産の活用を進める際にどのようなことに悩んで、どのような点で苦労して、どのようなリスクがあり、どのようなコストが発生するのか、そして何より遊休化した不動産を活用して収益化することがとても手間がかかり簡単でないことを身をもってよく知っています。
 
<空き家の再生事例> 空き家 ⇨ レンタルスペース 湘南かたせ家
 
また同時にますます社会問題になってくるであろう遊休不動産の問題に対して、世の中の変化を取り込みながら当社ならではのオリジナルなアイディアや活用方法で不動産に新しい価値を見いだして、不動産オーナー様とご一緒に取り組んでいけるこの事業にとても大きなやりがいと誇りをもっています。
 

活用することで使っていない不動産を資産に!

世の中のトレンドや不動産マーケットは目まぐるしく変動しているために不動産の活用内容も多様化する必要があり、不動産オーナー様がみずから不動産の活用までこなすことがなかなか難しい時代になってきていると感じています。
 
 しかし悩みのタネだった使っていない不動産で収益をうみだしたり、皆に喜ばれる新しい場所に再生したりすることは、将来の日本や地域のためにもとても価値や意義のあることだと考えております。
 
当社では、豊富な不動産活用のノウハウや実績にもとづき、不動産オーナー様からのさまざまなご相談に応じておりますので、ぜひ、お気軽に不動産に関するお悩みをお聞かせください。
 

お問い合わせ

この度は当社のホームページをご覧いただきありがとうございます。
「不動産の活用」についてのご相談など、ぜひ、お気軽にご連絡ください。